このところ、さまざまな経済指標が悪化している。まず、輸出が落ち込んだ。2015年2月の輸出は5.9兆円となり、1月に比べて3.3%の減少だ。14年10月に比べると、11.2%も減少している。輸出数量で見ると、2月の指数は85.7であり、1月の86.3に比べると、0.7%の減少だ。これは、対中輸出が春節(旧正月)の影響で1月の1.0兆円から2月の0.9兆円へと14.7%も落ち込んだことの影響が大きい。その意味では特殊要因によるものだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。