『21世紀の資本』はわが国でも大ブームとなったが、日本では上位所得者層がますます富む形での格差拡大傾向はあまり見られない。メディアの関心は、次第に格差の問題から、貧困層の所得やその人数の問題に移りつつある。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。