1990年代後半から医療事故の報道が多くなり、“医療不信”の言葉が浸透した。医師と患者は一心同体。一緒に病気に立ち向かうし、共存する。相手の気持ちが理解できない、したくないのは不幸なこと。そこで、肺がんの専門医として知られる奥仲哲弥医師が『「余命3ヵ月」と伝えるときの医者のホンネ』の中で、赤裸々にホンネを吐露している。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。