第2次安倍内閣が誕生し、日本銀行が“インフレ目標政策”を導入するようになった2013年以降、「アベノミクス」の是非を論じる経済関連書籍が次々と出版されている。こうした流れの中で出版された『世界が日本経済をうらやむ日』は、結論として、アベノミクスはうまくいっているため、今後も続けるべきだと断言している。主に二つの内容から構成されている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。