官房長官の菅義偉と沖縄県知事の翁長雄志が初めて顔を合わせたのは4日午後、沖縄県宜野湾市で開かれた米軍キャンプ瑞慶覧の西普天間住宅地区の返還式典の会場だった。そこで菅が声を掛けた。「お互い法政大学出身ですね」両者の経歴を照らし合わせると、ただ単に同窓というだけではない因縁が浮かび上がってくる。共に同じ法学部で、しかも1970年代初頭に東京・千代田区の市ケ谷キャンパスに通っている。その時期は72年の沖縄の日本復帰とも重なり合う。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。