北陸新幹線や上野東京ラインの開業といった華やかな話題の一方で、寝台特急の廃止や旧型車両の引退といった寂しい話題も少なくない鉄道界。惜しまれつつ去っていく車両がニューフェースとして登場したのは、半世紀近く前の1970年ごろのことだ。時が流れるのは速いものだが、そうした時代に思いをはせる鉄道本が相次いで出版された。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。