本書は、アドルフ・ヒトラーが第1次世界大戦後のドイツで政治家として出発し、選挙を経て首相に就任してから「総統」として独裁的な権力を固め、第2次世界大戦に突き進むまでの歩みを、間近で観察した人々の目を通して跡付けた意欲作である。主な素材は、ヒトラーと接触した米国人が残した膨大な手記、書簡、報道、論説などだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。