彼女は真面目で勉強家で合理的な考えができる人ですから、大塚家具が再び成長軌道に乗る確率は高いと思います。ですが、再生となれば単純な話ではありません。まず、既存の大塚家具の伝統的高級志向ブランドの部分は、中国人を中心としたインバウンド観光に伴う消費に焦点を当てるべきです。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。