住友不動産の業績が絶好調だ。今期は売上高、利益共に過去最高を更新見込みで、利益面では三菱地所の上を行く。だが、独自の事業モデルと厳しい社内競争の仕組みで急成長を続けるアグレッシブな体質は、時としてひずみも生む。知られざる住友不動産の“非常識経営”の実態を明らかにする

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。