あのジャック・バウアー(キーファー・サザーランド)が帰ってきた『24(トゥエンティフォー) リブ・アナザー・デイ』。現在のテレビ連続シリーズのブームをつくったのは、何といってもこのシリーズだ。前に見たことあるなあ、という箇所もあるけれども、スタッフも手慣れたもの。いま目立った新作シリーズもないし、ジャックもさすが体がよく動く。どうせ名優の父親には及ばないのだから演技の道は諦めること。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。