春は出立の季節。旅立つ者の背中を押してくれる本がそろいました。まずは、幻冬舎社長である見城徹さんの『たった一人の熱狂』。 「できるかできないかではなく、やるかやらないかだ」「現状維持をしている限り昨日と違う明日はやってこない」「恋愛が下手な奴は仕事ができない。なぜなら他者に対する想像力がないからだ」等々。とにかく熱く、濃い。あるサイトで、投稿者の質問に答えた51のメッセージが並びます。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。