1997年のアジア経済危機は、域内諸国(諸地域)の経済構造のもろさを示す一方、例外的に危機とは無縁であった中国経済の強さを実証する機会ともなった。このころから、中国は「世界の工場」としての立場を確実なものにし、世界経済の中でのプレゼンスを一挙に高めた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。