プロ野球のペナントレースが開幕した。高額年俸を蹴ってアメリカから凱旋帰国した広島東洋カープ・黒田博樹投手の活躍など、低迷するプロ野球人気を盛り上げる話題も多々あり、経済効果が期待される。他方、奇しくも開幕前日である先月26日、観戦中のファウルボール直撃事故に対し、初めて観客側の賠償請求を認める判決が下った。臨場感か安全性か。自己責任論とも関連する問題だが、報道されていない事実もあるので、今回はこの事案を取り上げたい。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。