1990年代後半から百貨店業界が見舞われた危機的な状況を切り抜けた上、関西で圧倒的な地位を築いた大物経営者が退任する。エイチ・ツー・オー リテイリングの椙岡俊一会長兼最高経営責任者だ。独特の感性で、業界の常識を覆してきた百貨店人生を振り返ってもらった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。