「役員も皆、不意打ちを食らいましたよ」。3月24日、中部電力は、水野明久社長(61歳)が退任し、勝野哲副社長(60歳。写真)が昇格する人事を発表した。勝野氏は、経営戦略本部長を5年間務めており、次期社長候補として有望視されていた。だが、幹部の間では「人事としては順当なのだが、交代時期は来年と思われていた」と驚きの声が広がる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。