松井秀喜氏の『エキストラ・イニングス』は、彼が引退後に初めて語った野球論。巨人入団からこれまでに出会った指導者に受けた影響や日米でのプレーを通じて、彼が大事にしてきた野球を素直に披露している。「僕にとっての自信を端的に説明するなら、自分に有利な材料を必ず探し出すことだ」と不利な相手に立ち向かうときの心構えを教えてくれる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。