「ダイヤモンド」1991年11月23日号に、「“草の根”が問う日本企業の社会的責任」という記事が載っている。この記事は、「米国では企業が地域社会への貢献を無視し、利益至上主義に走った場合、市民団体や地域社会の人たちが黙っていない」「日本では銀行や証券会社の社会的責任は『本業をきちんとやること』ぐらいの意識しかない」と書いている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。