「料亭政治」が華やかなりしころ、自民党の実力政治家にとって料亭は「夜の派閥事務所」といってよかった。夜な夜な料亭を根城に、ありとあらゆる政治工作が行われた。それだけにひいきの料亭は、実力者にとって特別の思い入れがあった。最大のメリットは、百鬼夜行の政界にあって秘密が外に漏れることがなかったこと。それが老舗料亭の矜持であり、信用もそこから生まれた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。