荒波の中での船出だった。進藤孝生・新日鐵住金社長が就任して1年。名古屋製鉄所の事故、傘下のブラジル鉄鋼ウジミナスの人事抗争、原油安に伴うシームレス鋼管事業の減益──。新日鐵住金が悪材料の火だるま状態になっている。進藤社長はいかにして失った信頼を回復しようとしているのか。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。