最近ユニクロが洗練されたと感じる人は多いはず。シーズンごとにカラーテーマが統一され、サイズやパターンもより進化した気がする。ユニクロ製品の見直しを手掛けたのが『1億人の服のデザイン』の著者、滝沢直己。イッセイミヤケで服作りを学び、独立してからは、大手アパレルなどさまざまな分野で手腕を発揮した人である。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。