ある世代に属する読者なら、ドネラ・H・メドウズの名はローマ・クラブによるレポート『成長の限界』(1972年)の主執筆者として記憶しているかもしれない。当時、米マサチューセッツ工科大学の研究者だった彼女は夫と共に、資源の制約がある中で成長を推し進めれば、さまざまな“危機”が生まれることを、コンピュータシミュレーションを用いて提示した。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。