金沢大学の仲正昌樹教授は、近現代の難解な哲学や思想について、その水準を落とさずに、哲学的知識をそれほど備えていない読者に分かりやすく説明する天賦の才がある。プラグマティズムは、現実に影響を与える重要な哲学であるにもかかわらず、それについての概説書が少ない。仲正氏の『プラグマティズム入門講義』はこの分野での空白を埋める貴重な作品だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。