歴史のアナロジーには、常に“語り手”の期待が込められているという。現在の政治意識を過去に投影すると、「幕末に学べ」式の安直な楽観論が量産されてしまう。では、悲観論はどうか。本書は、戦前の民政党の歴史を振り返ることにより、わが国リベラル政党の「失敗の本質」を問うている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。