外国人の方が、日本人よりも日本の文化や宗教の特徴を正確に捉えられる場合がある。禅宗に改宗し、僧侶になったドイツ人、ネルケ無方氏の『迷いは悟りの第一歩』を読むと仏教の本質が人間の救済であることが分かる。例えば、「させていただく」という表現だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。