アプローチが大の苦手で、「ダフリやトップのミスがよく出る」「距離感が合わない」という人は、構え方と練習法を見直してみましょう。苦手な人に多いのが、ショートアプローチでも大きく構えてしまうことですね。「大きく構えて小さく振る」というのはプロでも難しい作業で、スウィングが緩んでしまう大きな原因。クラブを小さく振るには、小さく構えることが鉄則です。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。