奈良時代に平城京が造られた時代からの古都・奈良は、古くから国家と深い結び付きを持ちながら発展してきた。一方、源頼朝の時代からの古都・鎌倉は、武家文化が色濃く残る。両市共に大仏を擁し、観光地としての知名度は国内有数だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。