2014年、訪日外国人観光客(インバウンド)数は対前年比29.4%増の1341万人を記録。特に観光先として伸びているのが北海道と沖縄県だ。では、どちらが先行しているか。14年(1~12月)、沖縄県の観光客数は対前年比10%増で過去最高の706万人。そのうち外国人は12.7%を占める89万人で、対前年比は162%と驚くべき伸びを示している。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。