民主党の消費増税関連法案の事前審査では、経済成長率を、消費税率引き上げの可否を判断する条件にするかどうかが焦点となった。結局、見送られることになったが、名目経済成長率3%、実質経済成長率2%を引き上げの条件にしたなら、消費税率引き上げはまず不可能になっただろう。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。