世界52カ国315店舗を展開し、売上高も3兆円を超える家具界の王者、イケア。その強さの秘訣は、低価格とデザインを両立させるための徹底的なサプライチェーン管理、そして、消費者の接点としての店舗展開にある。こうしたイケアの強さの秘密を明かした「週刊ダイヤモンド」3月14日号の第1特集「北欧に学べ なぜ彼らは世界一が取れるのか」に合わせ、イケア・ジャパンのピーター・リストCEOに、日本での次の秘策について語ってもらった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。