インドのモディ政権は、昨年来、経済成長を促進するため、国内でモノ作りを行う「メイク・イン・インディア」を提唱し、外資製造業を誘致する政策を打ち出している。企図しているのは、外資の国内投資増加による経済活性化と国内製造業の育成、インドの構造的課題の一つである経常収支赤字の改善だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。