スウェーデンの南部は、かつてスモーランドと呼ばれていた。「小さい土地」を意味するこの一帯は、スウェーデンにおいて貧困の象徴だった。岩と石だらけの土壌では、農作物も育たず、150年前には人口の3割がこの土地を捨て、米国への移住を決めたほどだ。売上高3兆円を超える世界最大の家具小売会社、イケアはこんな場所で生まれた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。