北欧諸国といえば、消費税(25%)や所得税(30%程度)など、税金が高い代わりに、社会保障が手厚い「高福祉・高負担」モデルで有名だ。そして、世界の幸福度ランキングでも常に上位にランクインし、北欧での生活に憧れる日本人も少なくない。だが、消費税8%でも“痛税感”が身に染みる日本人からすれば「そんなに幸福なの? そもそも何でそんな高い税率を受け入れているの?」と疑問は尽きない。実際、北欧の人たちは本当に幸せを実感しているのだろうか。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。