先月26日、言葉によるセクハラで出勤停止や降格とした処分の妥当性が争われ、一審、控訴審で結論が分かれていた裁判で、最高裁がこれを妥当とする判決を下した。あらゆる企業に影響を与える重要な判断であることから、今回はこの事案を取り上げたい。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。