日本の大企業は傘下に多数の子会社や関連会社を抱えている。しかし、親会社が子会社をうまく使いこなしているかと言えば、必ずしもそうではない。数万~数十万人の従業員を抱える企業グループの統治は至難の業であり、よほど能力の高い経営者でない限り、「Too Big to Control」(大き過ぎて制御不能)に陥る公算が大きい。そんなスーパー経営者がこの国に何人いるだろうか。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。