20世紀以後の幾何学の特徴の一つは、次元が高い図形を対象としていることである。今では、次元が変わるごとにその次元における幾何学の様子がガラッと変わることが分かっている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。