大論争となったTPP(環太平洋経済連携協定)の参加問題。政府は結局、昨年11月に交渉参加を決めたが、依然として反対する人々も多い。背景には、そもそも参加のメリットがわかりにくい、ということがある。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。