2月9日、午前8時半。中国の山東省煙台市にあるホテルからミニバスに飛び乗った。これからソフトバンクが世界で初めて大量生産に挑む感情認識型ロボット「ペッパー」の生まれる瞬間に、メディアとして初めて立ち会うためだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。