過激派組織「イスラム国」(ISIL)による2人の日本人殺害事件に遭遇しながら、首相の安倍晋三は「攻め」の姿勢を崩さない。かつて安倍は元首相、中曽根康弘にこうアドバイスされたと話していた。「首相というポストは一瞬たりとも弱気になったら駄目だ。とにかく攻め続けていかなければ立っていられなくなる」

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。