1990年代に入ると、急成長を遂げるアジア経済に国際的な注目が集まるようになった。例えば、世界銀行は1993年に、日本、韓国、台湾、香港、シンガポール、タイ、マレーシア、およびインドネシアの八つの国と地域を取り上げ、なぜ経済成長が可能になったかを分析した本格的な報告書(「The East Asian Miracle」)を発表し、話題を呼んだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。