アドレス時の「ボール位置」といえば、左足踵の延長線上やスタンスの中央といった「左右のポジション」を気にする人が多いと思います。もちろん、それも重要なポイントですが、もう一つ忘れてはいけないのが「前後のポジション」、つまり体とボールの間隔(距離)ですね。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。