今年6月で社長就任から丸7年となる大日本住友製薬の多田正世社長(70歳。写真)。同社の役員の任期は1年だが、日本製薬工業協会会長の任期が1年残されているため、少なくとも1年は社長を続ける可能性が高い。これまで次期社長の有力候補と見られてきたのは、親会社の住友化学出身の原誠専務(64歳)。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。