ノルウェー・オスロ近郊にあるウトヤ島は美しい湖に浮かんでいる。2011年、この静かな島でノルウェー労働党青年部の10代の青年69人が極右思想を持つキリスト教原理主義者に殺害された。犯人は移民政策に手ぬるい政府に制裁を加え、欧州のイスラム化を止めるために立ち上がったと述べた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。