日本で格差が議論され始めた20年前と比べ、格差の固定化が進んでいるのは問題です。私が主張してきたのは、機会の平等が保障されれば何とかなるということ。結果の平等を求める声が強い風潮が不満だったのですが、今では機会の平等が失われることを懸念しています。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。