この本を最初に読んだのは、英訳が出たときですね。膨大なデータを分析したこと自体はすごい。実証研究としては価値があるものです。しかし、不平等について論じている内容は、経済学の本としてはかなり混乱している。r>gで全てが分かるとはいえないですよ。昔からgではなくrがずっと上がっていると言われても、プロの経済学者は、そこに理論があって初めて納得するわけだから。しかも、rの方が高かったというのはリスクを取った結果であって、一定の比率で資本収益を分配してきたわけでもない。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。