「改革に痛みはつきもの。でも誰でも平穏無事なのが一番。なにかに慣れてしまえば、あとは何も起こらない方がありがたいですからね」  『世界教育戦争』で紹介されている、ポーランドの教育改革に尽力したハントケ氏の言葉である。教育の分野で、数年間で劇的な躍進を遂げた三つの国(韓国、ポーランド、フィンランド)に注目し、データや留学した生徒たちの証言を丹念に集め、光も影も描きつつ、その理由を探っている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。