「貿易統計」(速報値)によると、2014年の輸出は73.1兆円で対前年比4.8%増、輸入は85.9兆円で5.7%増、貿易収支赤字は12.8兆円で、過去最大(対前年比11.4%増)となった。輸入増加の大きな原因は、火力発電用の燃料の液化天然ガス(LNG)の輸入が増えたことだ(7.8兆円。対前年比11.2%増、寄与度1.0%)。なお、後述のように、原油の輸入が減少している。輸出では、自動車の増加が顕著だった(対前年比4.9%増、寄与度0.7%)。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。