米国の最上位0.1%の富裕層は年収が1億5000万円以上ですが、日本では3300万円以上ですから、日本には「スーパーリッチ」はかなり少ない。しかし、これは日本において格差問題が深刻ではない──ということを意味しません。米国・欧州の格差とは異なるということです。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。