膨大なデータを扱いながら、経済理論は分かりやすい。文学や歴史学も用いて、無味乾燥な経済書にはしなかった。私の支持率は80%です。この本が米国で売れた要因は、一番の格差社会である米国で、国民誰もが関心のある問題を実証的に証明したことでしょう。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。