ピケティは、米国で格差が生じている要因に、高額報酬を得る「スーパー経営者」の存在を挙げています。あれは本当にやめさせないと。最低だ。報酬は一般社員の10倍が限度ではないでしょうか。あのようなアングロサクソン型資本主義の問題点を経済学者が指摘するのはいいことです。国内の消費を支えるのは中間層。そこが抜け落ちたら、国の経済が滅んでしまう。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。