「これまで経験したことのない行動パターンなので手の打ちようがない」長く日本の安全保障問題に関わってきた政府高官は、イスラム過激派組織「イスラム国」による日本人拘束事件に焦りを募らせる。最初に動画サイトで日本人2人の拘束の映像を外務省が確認したのは1月20日午後2時50分。ジャーナリストの後藤健二(47)と湯川遥菜(42)。湯川は昨年8月にイスラム国に拘束され、後藤も昨年10月末にイスラム国支配地域で消息を絶っていた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。